お知らせ

ご祈祷の受付について

ご祈祷は、年間を通じて毎日、本堂正面にて受付しております。(午前9時から午後5時まで)
オンラインでは毎日24時間受付しております。

節分厄除大法会の「護摩焚き祈祷」の予約受付を、11⽉1日から開始しています。
オンラインでは11月1日から1月28日まで受付予定です。
詳しくは「お知らせ」をご覧ください。

「オンライン護摩祈祷受付に関するご質問」を「よくあるご質問」に掲載いたしましたので、ご不明な点がございましたら、ご覧ください。

開門閉門時間

開門時間:夏季(4月~10月)午前7時  冬季(11月~3月)午前7時30分
     (毎月1日、18日のご縁日は午前5時30分開門)

閉門時間:午後5時

あびこ山観音寺
      について

「観音宗本山あびこ山大聖観音寺」は、今からおよそ1400年前に、聖徳太子により建立された日本最古の観音霊場です。
聖武天皇が厄年の重病から観音様へのご祈祷で完治され、大阪夏の陣で真田幸村に追われた徳川家康が、このお寺で難を逃れ、古くから「厄除の霊験」と「開運、諸願成就などのご利益」があるといわれています。
毎年、節分には、日本最大級の護摩堂で、伝統行事の護摩焚き祈祷が盛大に行われ、多くの方が参詣されます。
境内には、樹齢およそ800年の楠木や大きな錦鯉が泳ぐ白龍池があり、都心に近い癒しの場所として、気軽に多くの人々が訪れています。

御霊験あらたかな御本尊の聖観世音菩薩は、身の丈一寸八分(約5.5㎝)の 仏様で、毎年、 節分祭*1 の期間中、ご開扉いたします。

あびこ山観音寺 紹介動画

節分厄除大法会
護摩焚き

毎年、節分祭*1の期間には、伝統行事の「節分厄除大法会」が行われ、厄除開運、諸願成就などの祈願に、毎年、多くの方が参詣されます。
護摩堂では、昼夜を通して修験行者が護摩木を焚き上げる「護摩焚き祈祷」が行われ、同時にご本人様へのご加持*2も行われるため、大変賑わいます。


*1:節分祭は、毎年2月1日~7日です。護摩焚きは、例年2月2日~4日ですが、毎年若干の日程変更がありますので、「お知らせ」にてお伝えいたします。
*2:「ご加持」は、お願い事をされたご本人様に対する直接のお祓いです。

伝統行事の節分大法会(節分祭)の写真