節分厄除大法会

節分厄除大法会(毎年2月1日~7日)の期間内に「節分厄除開運大護摩供(おおごまく)」を行います。期間は、例年2月2日から4日で、護摩堂にて修験行者が護摩木を焚き、護摩堂本尊の「不動明王」に祈祷し、ご本人様へのご加持(直接のお祓い)も行います。

不動明王

護摩堂のご本尊「不動明王」は、延喜21年(921年)醍醐天皇の皇后ご懐妊の時、安産祈願のため、当寺に寄進されたと伝えられています。皇后がご分娩の時、都度油汗を流され苦悩の身代わりになられたというので、「油の不動明王」と呼ばれるようになりました。毎年、節分厄除大法会の期間中、不動明王の威力をよく発し、さまざまなお願い事を成就させられると伝えられています。

護摩堂の写真

護摩祈祷の流れ

一番目祈祷台帳記帳の写真

受付にて、お名前、年齢(数え年)、お願い事等をお伺いし、受付票に記入します

護摩堂でのおはらいの写真

護摩木に、お名前、年齢、お願い事を墨書きし、護摩堂にてお焚き上げいたします

護摩堂にてご本人様にご加持(直接のお祓い)の後、授与品をお渡しします
※オンラインで「ご加持なしとして受付」した場合は授与品を郵送いたします

封をお開けになり、一年間おまつり下さい、 中に説明書も入っております

祈願一覧

厄除開運

家内安全

商売繁盛

無病息災

身体健全

病気平癒

交通安全

入学成就

学業成就

安産育児

良縁成就

諸願成就

護摩祈祷の受付場所・期間について

「節分厄除開運大護摩供(おおごまく)」 の護摩木を焚く「護摩祈祷」は、例年11⽉1日頃から2⽉4⽇頃まで受付しております。

オンラインでは11月1日から1月28日まで受付する予定です。

護摩祈祷料と授与品一覧

「護摩木」は大きさの違いにより、4種類ございます。それぞれ、御幣( 金箔帯がついた 木のお札)やお札の種類、大きさも異なるものがあります。なお、「小護摩」の場合は、ご加持(ご本人様への直接のお祓い)はございません。写真の右端が「護摩木」で、ここに「お名前、年齢、お願い事」を墨書きし、お焚き上げします。

特別大護摩の写真

特別大護摩

30000

大護摩の写真

大護摩

15000

中護摩の写真

中護摩

8000

小護摩の写真

小護摩

4000

お札のまつり方

御幣(金箔帯がついた木のお札)、金之小判は、お家の中心となるリビングなどに、南向きにお祀りください。その他のお札は、封筒に同封している「ご案内」をご覧になり、お祀りください。

古いお札のご返納

お札は1年を過ぎましたら、ご参詣いただき、当寺の境内中央にある「古いお札納め箱」にご返納ください。来寺できない場合は、郵送でもお受けしております。郵送の場合は封筒などに「古いお札在中」と明記をお願いいたします。